印鑑に使われる素材とその特徴

契約などの大事な場面で使用する印鑑。長いつきあいになる大切なものだけに、納得のいく素材を使いましょう。

印鑑の素材で代表的なものといえば、木材・牙角・金属です。

木材の中では、2種類が代表的です。1つめは、薩摩本拓です。数種類ある拓材の中でも、秀でた耐久性・美しい木目が特徴です。彫刻にも最適で、印鑑の素材として広く普及しています。2つめは、黒檀です。楽器・家具などにも利用されている木材で、ずっしりとした重量感・上質の光沢が特徴です。耐久性も問題ありません。

角牙の中で、代表的なものは2種類です。1つめは象牙です。文字通り象の牙のことで、高い耐久性・使い込むほどに深まるツヤが特徴です。また、印字の美しさにも定評があります。2つめは、黒水牛です。東南アジア産の水牛から採取した角で、高い耐久性・高級感のある深い黒色が特徴です。アクセサリーなどにも利用されている素材です。

金属の中で代表的なものといえば、チタンです。医療・宇宙開発の分野でも活躍している素材で、ずば抜けた耐久性・耐食性・重厚なルックスが特徴です。他の素材とは異なる存在感があり、印字も鮮やかなため、多くの愛好者がいます。

それぞれの特徴をよく吟味し、好みにあったものを選択しましょう。

チタンのハンコは使い勝手がとてもよいです

私は普段ハンコを良く使います。

郵便物や荷物がきたときに、ハンコを押さなければならないので玄関においています。

今まではシャチハタを使用していたのですが、色がでなくなると入れ替えをしなければならないのが少し面倒で、作ってもらったハンコを使うようにしています。

私が作ってもらったハンコはチタン製です。

ハンコってツゲなどの木で作るイメージがとても強かったのです。

チタンは軽いですし、耐久性も優れています。

ハンコって落とすと角が欠けたりしてしまって、そこからもう一度彫りなおしなどをしなければキレイなハンコの円ができません。

しかしチタンは落としても欠けることがないのです。

普段使うにはチタンくらい軽くて落としても大丈夫なのは市民からしたらありがたいものです。

今まで何度か木のハンコを作っていたのですが、落としてダメにしてしまう時が多かったのです。しかしチタンのハンコにしてからは落としても大丈夫ですし、軽いので荷物になりません。

まぁ、落とすなよ!て話ではあるのですが…・

それにチタンは見た目がとてもよいです。

近未来的というのでしょうか、凄く銀色が格好いいですし、従来のハンコと違い特有の重々しさがないので若者が持ち歩いていても違和感が全くありません。
みなさんにもチタン印鑑をおすすめしたいです。